ウェディングアイテム

【 格安 ウェディングヘッドドレス 】
キュートなウェディングヘッドドレス
ムービーをご注文で全品-1,000円割引中!

ウェディングヘッドドレス

きらびやかなヘッドドレス
前撮り写真を華やかに彩るオシャレな逸品
もちろん挙式や披露宴でもお使い頂けます
ムービーをご注文で全品-1,000円割引!

ゴールドリーフ シルバーリーフ ライトピンク

ゴールドリーフ
1,480~
#人気#早い#最安値

シルバーリーフ
2,480~
#人気#早い#最安値

ライトピンク
2,980~
#人気#早い#最安値



ブロッサム フェアリー ハニーホワイト

ブロッサム
2,980~
#人気#早い#最安値

フェアリー
2,480~
#人気#早い#最安値

ハニーホワイト
2,480~
#人気#早い#最安値




ギャラリー_1
ギャラリー_2
ギャラリー_3
ギャラリー_4
ギャラリー_5
ギャラリー_6
ギャラリー_7
ギャラリー_8
ギャラリー_9
ギャラリー_10
ギャラリー_11
ギャラリー_12
ギャラリー_13
ギャラリー_14
ギャラリー_15
ギャラリー_16
ギャラリー_17
ギャラリー_18




ヘッドドレスについて


ヘッドドレスの選び方

結婚式を検討されている新郎新婦へ

結婚式に欠かせないのはウェディングドレス。
純白のウェディングドレスは幼少期からあの夢ですよね。
ウェディングドレスは決めたけど、その他は何が必要でしょうか。
ヘッドドレス、小物、ベール、靴、ネイルなど、色々必要になりますよね。
今回はその内、新婦を煌びやかに引き立ててくれるヘッドドレスについて紹介させて頂きます。

Topics

ヘッドドレスについて
 1. ヘッドドレスのスタイル
 2. ヘッドドレスの種類
 3. ヘッドドレスの選び方
 4. ヘッドドレスの価格
 5. まとめ


〇ヘッドドレスとは

〇ヘッドドレスについて

ヘッドドレスは名前の通り、ヘッド(頭)部分を着飾る(ドレス)という新婦の髪を綺麗に飾る装飾品のこととなっております。
ヘヤーアクセサリーやヘッドピースなどと言われる事もありますが、基本的には同じ内容の言葉となっており、特定の装飾品のことを指しているのではなく、新婦が頭につける髪飾りの総称ことを指しております。
またヘッドドレスには色々な種類があり、ティアラやクラウンなどのアクセサリーや、花を使った花冠など、多種多用なヘッドドレスがあります。



ヘッドドレスのスタイル

〇ヘッドドレスのスタイル

それではまずヘッドドレスの形状について紹介します。

①サイドタイプ
左右どちらでも大丈夫なのですが、側頭部に付けるヘッドドレス。
花嫁にとても人気のある定番のスタイルで、ビジューコームなどで使用されるスタイルとなっております。
すっきりとしたどことなく大人感を感じさせてくれるスタイルで、オシャレな花嫁にはピッタリなスタイルです。
髪型にもよるのですが、後頭部寄りに付けられた場合は、正面に座った際に見えにくくなる場合もありますので、事前に髪型の検討も必要です。

②カチューシャタイプ
頭の正面上部に付けるヘッドドレスで、ティアラやクラウンなどがこのスタイルに該当します。
上品で気品ある雰囲気が感じられ、特別な1日にピッタリのスタイルとなっております。
またリボンカチューシャなどもあり、可愛い物好きの花嫁には人気のあるスタイルとなっております。
また後頭部に付けるバックカチューシャというスタイルもあり、小枝のアクセサリーなどを付けて装飾するなど、アレンジの自由度が高いスタイルとなっております。

③ピンタイプ
髪の毛に差し込むタイプのアクセサリーで、シルバーやゴールドの花やリーフを使ったピン飾りやビジューやラインストーンで飾られたピン飾りなど、比較的小さめのヘアアクセサリーとなっております。
ピンタイプが大きくなるとビジューコームなどのサイドタイプになったり、またサイドタイプとピンタイプを組み合わせながらアレンジすることも可能です。
ピンポイントでアレンジすることが出来るため、バランスよくコーディネートできるスタイルとなっております。


〇ヘッドドレスの種類

〇ヘッドドレスの種類

色々なスタイルがあるヘッドドレスですが、種類も多くありまして、次はヘッドアクセサリーの種類について紹介っしていきたいと思います。

①ティアラ
花嫁と言えばティアラというぐらい、ウェディングのヘッドアクセサリーではとても有名なアイテムですね。
ティアラの由来は古代ペルシア語の「冠」であるとされており、その名の通り、頭の上に載せるスタイルのヘッドドレスとなっております(王様の王冠の女性版ですね)。
清廉さと高貴さを感じさせてくれるヘッドアクセサリーで、クラシックなイメージがあるのは「ローマの休日」でオードリーヘップバーンがティアラが付けていたためではないでしょうか。
少女の頃にに憧れたプリンセスは、ティアラを付けた花嫁姿だった新婦は多いのではないかと思いますが、ビジューやラインストーンで飾られた煌びやかな装飾品となっており、ウェディングドレスに最適なウェディングアイテムとなっております。

ティアラ

②クラウン
クラウンはティアラと似ている形状なのですが、上記した王様の王冠の方に近い形状となっております。
クラウンはティアラの違いは、ティアラはカチューシャのように半円形で途切れており髪にさす形状なのですが、クラウンは円形となっており、頭に載せるかたちで王冠をより女性用に煌びやかにしたスタイルとなっております。
形状はティアラと同じぐらいの大きさの大きいクラウンと、小さいサイズのミニクラウンがあり、どちらかというと大きいサイズの場合はティアラ、小さいサイズの場合はクラウンを使用されることが多くなっております。
ティアラと同様にプリンセス風のスタイルにピッタリなヘッドアクセサリーとなっております。

クラウン

③マリアティアラ
ティアラの一種で、ネックレス状の装飾品を頭から額にかけて垂らすスタイルのヘッドドレスとなっております。
マリアベールという言葉は聞かれたことがあると思うのですが、マリアベールのように顔を覆わずに額から後頭部にかかる形状となっており、どちらかというと中東を感じさせてくれる神秘的な雰囲気となっております。
もちろんマリアベールとの相性もピッタリで、比較的 大きめのビジューやラインストーンで装飾されているため小顔効果も期待できます。

クラウン

④ボンネ
ボンネはあまり聞き慣れない言葉ですが、頭に乗せるスタイルの幅広のアクセサリーとなっておりまして、帽子のボンネットのように頭に乗せることから「ボンネ」と言われてたのが由来となっております。
比較的 幅が広いものが総称してボンネと言われており(種類の区分は少し曖昧です)、後頭部に付ける布製の大きなリボンや側頭部に付ける金属製の大きめのアクセサリーもボンネと言われております。
(個人的なイメージでは布製の大きなアクセサリーがボンネと思っております。)

ボンネ

⑤花冠
リングブーケとも言われる花冠は、古代ギリシャにルーツがあり、古代ギリシャでよく使われていたオシャレアイテムとなっております。
幼少期にシトツメグサで花冠を作った記憶があるのではないでしょうか。
まさにそのような花冠となっておりまして、花を紡いで輪っかを作った形状となっております。
可愛いもの好きの新婦に人気のヘッドドレスとなっておりまして、清楚やキュートのイメージを感じさせてくれるヘッドドレスで、ハウスウェディングなどにピッタリなウェディングアイテムとなっております。
生花や造花、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどが使われますので、ブーケとの相性を考慮しながら選ばれることが多くなっております。
また花冠の形状ではないのですが、花を使ったアクセサリーも人気でして、大きな花をアクセントとして使用したり、小さな花を髪に編み込んだりするデザインも人気です。

花冠

⑥ビジューコーム
髪のアレンジでは定番のビジューコーム。
髪に差し込むタイプなので装着が簡単で、サイドや、バック、どこにでもつけることができるのが魅力の1つ。
ビジューやラインストーン、パールなどがあしらわれたゴージャスなデザインで、髪型はショートに合わせやすくなっており、ロングでもビジューコームでアップにしてイメージを変えられる万能のヘッドドレスとなっております。

ビジューコーム

⑦リーフアクセサリー
シルバーやゴールドのリーフをベースとしたアクセサリーとなっており、ビジューコームのように左右のアクセントとして使用するタイプや、側頭部から後頭部を覆うような形状のヘッドドレスもあります。
また花などのデザインと合わせたアクセサリーも人気で、エレガントさとゴージャスさを感じさせてくれる人気のヘッドドレスとなっております。
また昨今ではメルカリなどでリーフアクセサリーを購入されるケースや、リーフアクセサリーを自作されるケースなども増えてきております。

リーフアクセサリー

⑧トーク帽
つばのないお皿型の帽子で、頭部の斜め上に乗せるスタイルの帽子となっております。
貴族令嬢などがかぶっているイメージがあるクラシカルなウェディングアイテムで、上品さと気品さを感じさせてくれ、荘厳な雰囲気のチャペルなどにはうってつけのウェディングアイテムとなっております。
またトーク帽ではないのですが、ハットなども人気がり、人とは違った結婚式にしたいというオシャレな花嫁にはピッタリのウェディングアイテムとなっております。

トーク帽



〇ヘッドドレスの選び方

上記にて色々なスタイルや種類のヘッドドレスについて解説させて頂きましたが、次にヘッドドレスの選び方のコツについて紹介させて頂きます。

結婚式といえばウェディングドレス。
まず先にウェディングドレスを決められる花嫁が多いのではないでしょうか。
ウェディングドレスにもAラインやプリンセスライン、マーメイドラインなど、多くのデザインがあり悩んでしまいますよね。

ウェディングドレスの形状が決まったら、次にウェディングドレスに合うヘアスタイルを選ばれると思います。
そこでウェディングドレスに合うヘアスタイルのイメージを掴むことで、ヘッドドレス選びをスムーズに進めることが出来ます。

ウェディングドレスに合うアップやダウンなどをイメージしながら、花嫁の定番ヘアスタイルが掲載されているブライダル雑誌やヘアカタログ、インスタなどを見ながらイメージを具体化して下さい。

髪型のイメージが具体化出来ましたら、おのずとつけられるヘッドドレスの種類が限られてくると思いますので、その絞られた候補の中から、好みのヘッドドレスを数点ピックアップしてみて下さい。

またその際にヘッドドレスの素材やパーツなどにも注目してみて下さい。
落ち着いた雰囲気がいい場合には、ボンネやピンタイプのヘヤーアクセサリー、煌びやかなイメージの場合には、ビジューやラインストーンがあしらわれたティアラやビジューコーム、シックなイメージの場合はシルバーリーフやゴールドリーフを使ったリーフアクセサリーなど、数点ピックアップした中からさらにイメージを反映させて絞り込んで下さい。

そうすると希望のヘッドドレスが絞り込めたと思いますので、どんどん試してみて、ご自身の満足するヘッドドレスを選んで下さい。


〇ヘッドドレスの価格

〇ヘッドドレスの価格

次にヘッドドレスの相場について解説させて頂きます。
まずヘッドドレスは大きく分けてレンタルと購入の2つがあります。

ウェディングドレスをレンタルされる場合、ヘッドドレスなどの小物を3~5点の中から選んで無料でレンタルしてくれるショップも多くあり、ウェディングドレスに合った小物を事前にプロが選定してくれているので、ヘッドドレス選びも簡単で料金的にもとてもお得ですね。

しかし、無料レンタルでは気に入ったデザインのものがない、また決めていたヘヤースタイルに合うヘッドドレスがないということもあると思います。
そういった場合には、有料でのレンタルか、もしくは購入になると思います。

まず有料レンタルの場合、イヤリングやネックレスなどの小物とセットでレンタルになっているものやデザインなどの関係で料金はピンキリですが、数千円~2、3万円ほどとなっております。

また購入でもセット価格やデザインなどでピンキリですが、昨今はメルカリなどで先輩カップルが使用した使用品の販売もされており、安いものでしたら千円代から、新品の高いものでしたら数万円となっております。

また花冠や生花をヘッドドレスとして使用される場合には、ブーケやブートニアと一緒に発注するとお安くなりますので、まとめて見積もりを取るという方法もあります。

有料レンタルや購入の場合には、ウェディングドレスやヘヤースタイルなどのトータルコーディネートを考慮しなければならないため、ウェディングドレスにセットされたレンタル品に比べるとヘッドドレス選びは難しいのですが、上記したヘッドドレスの選び方を参考にして頂きながら上手に選んでみて下さい。

また出来るだけ安くしたい、既製品ではなくこだわりを追及したいという新郎新婦には、自作するという方法もあります。
メルカリやラクマでは自作したリーフアクセサリーやビジューコームが販売されているのですが、ネットにも自作方法が記載されたサイトもありますので、参考にしながら自作してみるのもいいでしょう。


〇まとめ

〇まとめ

以上、ヘッドドレスについて解説させて頂いたのですが、ヘッドドレス1つとっても色々な種類があり、目移りしてしまいますよね。
ヘッドドレスはウェディングアイテムの中で小さな1つでしかないかもしれませんが、ヘッドドレス1つで花嫁の印象を大きく変えてくれるウェディングアイテムとなっております。

また長々と記載しましたが、ヘッドドレス選びに明確なルールなどはなく、ご自身の気に入ったヘッドドレスが一番似合うと思います。
自身で選ばれたウェディングドレスや髪型に合わせたお気に入りのヘッドドレスを見つけて素敵な花嫁姿になってくださいね。



結婚式ムービー ラインナップ



前撮りや挙式などで使用出来るキュートなウェディングヘッドドレス
ウェディングムービーをご注文で全品-1,000円割引!格安でウェディングヘッドドレスをご提供させて頂きます
新婦を引き立たせてくれるきらびやかなヘッドドレスで、前撮りや挙式、披露宴をを華やかに彩るオシャレな逸品です。