ウェディングコラム8

【 ウェディングコラム 】
結婚式に関するお得情報やお役立ち情報などを掲載しております

結婚式ムービーの料金はどれぐらい?安い?高い?


結婚式ムービーの料金はどれぐらい?安い?高い?

結婚式をムービーで 盛り上げてくれる映像演出「結婚式ムービー」。
結婚式ムービーは作りたいけど料金が高い…、安くしたいけど自作する方法が分からない、外注したいけどどこに注文すればいいか分からないなど、悩まれている新郎新婦は多いのではないでしょうか。

そこで、どんな結婚式ムービーがあるのか、結婚式ムービーの準備方法や料金について解説させて頂きます。

Topics
結婚式ムービーの種類
結婚式ムービーの準備方法
結婚式ムービーの料金
結婚式ムービーの選定方法



結婚式ムービーの種類


まずは結婚式ムービーの種類について説明させて頂きます。
結婚式ムービーは大きく分けて
・記録ムービー
・演出ムービー
の2つがございます。

記録ムービーは結婚式当日に挙式や披露宴の様子を撮影して記録に残すメモリアルムービーとなっております。
当社では記録ムービーは取り扱っていないのですが、価格につきましては10~20万円と非常に高額となっております。
また演出ムービーは披露宴会場で上映する演出ムービーとなっておりまして、会場の雰囲気を盛り上げる目的で上映される結婚式ムービーとなっております。
今回はこの演出ムービーにスポットをあてて解説したいと思います。

まず演出ムービーには
・オープニングムービー
・プロフィールムービー
・エンドロール
・レタームービー
・サプライズムービー
・余興ムービー
などの種類がございます。

オープニングムービーは披露宴の始まる前(新郎新婦の入場前)に上映する結婚式ムービーとなっておりまして、今から入場してくる新郎新婦のために、会場のボルテージを上げて新郎新婦が入りやすい雰囲気を作るための演出ムービーとなっております。
披露宴の開宴を伝える結婚式ムービーのため、バラードよりも明るいポップな音楽や、ノリのいい楽曲が使用されることが多く、列席者のワクワク感を高めてくれる音楽をご選曲頂くのがよいと思います。

次のプロフィールムービーにつきましては、結婚式で最も上映される演出映像となっておりまして、新郎新婦の生まれてから出逢い、結婚に至るまでの経緯をまとめたムービーとなっておりまして、基本的にはお色直しなどの中座中にゲストの方々を飽きさせないために上映する演出映像となっております。
また音楽は明るくポップな音楽とバラード曲の2曲を使用されるパターンが多くなっており、新郎新婦の生い立ち部分はアップテンポな音楽を使用して会場を盛り上げ、二人の馴れ初め部分は感動的なバラードで会場を感動させ、二人への祝福ムードを高める演出を行うことが多くなっております。

エンドロールは、披露宴終盤に上演する結婚式ムービーとなっており、列席者の名前をムービーに入れて結婚式に出席してくれた感謝の気持ちを伝えるサンクスムービーとなっております。
また料金が高くなりますが、当日 挙式と披露宴を撮影して、その当日の映像を上映するという撮って出しエンドロールという結婚式ムービーもございまして、ご来賓からはとても人気のある結婚式ムービーとなっております。
また音楽は披露宴の終わりを感じさせる、落ち着いた感動的な音楽が使用されることが多くなっております。

さらにレタームービーはサプライズムービーとしても使用されることもあるのですが、披露宴終盤に行われる花嫁の手紙や、両親への花束贈呈の際に使用されることが多くなっておりまして、緊張して手紙を読めない花嫁や、泣いてしまって手紙を読めない新婦がレタームービーで代用したり、また新郎から新婦へのサプライズ演出、また逆に新婦から新郎へのサプライズ演出などに使用されております。
また次の余興ムービーとも重複するのですが、ご友人から新郎新婦へのお祝いメッセージとしてレタームービーが使用されることもございます。
レタームービーの音楽についてはムービーの内容によって変わってしまうのですが、花嫁の手紙ですと藤田麻衣子の「手紙」やいきものがかりの「ありがとう」など、感謝の気持ちが込められた感動的な音楽を使用することが多くなっております。

最後に余興ムービーですが、前述した友人から新郎新婦へ贈るサプライズムービーとして使用されることが多く、ビデオレター的な仕上がりにしたり、また幼少期からの思い出写真を使用して感動的に仕上げる余興ムービーなどがございます。
前者の場合は比較的コミカルな作りになることが多く、明るくポップな音楽を使用して楽しいムービーに仕上げるのですが、後者はバラード曲を使用して感動的に仕上げることが多くなっております。



結婚式ムービーの準備方法


ざっと簡単に結婚式ムービーの種類について説明させて頂きましたが、次に結婚式ムービーの準備方法について解説させて頂きます。

まず結婚式の準備方法につきましては
①式場(式場提携の映像業者)へ依頼する
②映像制作会社へ外注する
③結婚式ムービーを自作する
などがございます。

まず一番簡単な方法と致しましては、①の式場へ依頼するなのですが、式場と提携している映像制作業者が制作を行うため、再生サイズの確認や音楽の著作権申請などについて確認する必要がなく、式場が主体になって進めてくれるため、とても簡単な方法となっております。

次に②の映像制作会社へ外注するですが、新郎新婦が主体となって映像制作会社とやり取りするため、別途式場に再生サイズや音楽の著作権申請などについて確認して、確認した内容を映像制作会社へ伝えるなど、①の式場へ依頼するのと比べて少しばかり手間がかかってしまいます。
しかしながら、写真などの素材準備については①でも②でも新郎新婦が実施しなければならないため、ほぼ労力としては変わらないかたちとなっております。

最後に③の結婚式ムービーを自作するですが、こちらはご自身で写真の選定、写真のデータ化、映像制作、ディスクへの書き出しと、全ての作業を行わなければならないため、非常に労力と時間がかかるかたちとなっております。



結婚式ムービーの価格


しかしながら価格につきましては、上記致しました手間とは全く逆になりまして
①式場へ依頼する
 おおよそ10~20万円ほど
②映像制作会社へ外注する
 おおよそ数千円~5万年ほど
③結婚式ムービーを自作する
 0円~1万円ほど
となっておりまして、当たり前の話ですが、手間がかかるほど料金は安くなっております。

まず①の式場へ依頼するは、手間はかからず簡単ですが、式場と提携している映像業者からしか購入が出来ないため、結婚式ムービーのバリエーションが圧倒的に少ないかたちとなっております。
もし気に入るデザインのムービーがあれば問題はないのですが、気に入るデザインがない場合にはどうすることも出来ず、大きなデメリットになってしまいます。
また式場を経由することで料金に式場のマージン(25~50%ほど)が加わってしまうため、料金はかなり高額になってしまいます。

次に②の映像制作会社へ外注するについては、①よりも少しばかり手間はかかりますが、数千円~5万年ほどと①と比べますとかなりお安くなっております。
また外注出来る映像制作会社は多々ございますので、お好きなデザインのムービーを選定することができるなどのメリットがございます。
しかしながら、式場によっては結婚式ムービーの持込不可や、持込み料やスクリーン利用代などが別にかかってしまう場合がございまして、結婚式ムービーを持込み出来ない場合や、持込み料やスクリーン利用代が5万円以上かかってしまうなど、①とほぼ変わらず高額になってしまう場合もございます。
(昨今 持込み料やスクリーン利用代はかからない式場が多くなっておりますが、未だに追加料金がかかる式場もございます。)
ちなみに結婚式ムービーだけでなく、ドレスやペーパーアイテムなどについても持込み不可や持込料が別途かかってしまう式場もございますので、式場選びをされる際に事前に確認された方がお安く出来ると思います。

最後に③の結婚式ムービーを自作するですが、非常に労力と時間がかかってしまいますのと、映像制作に伴うソフトの取扱いや制作方法など、映像に関する知識が必要になるため、取り掛かったのはいいが、最終的に自作出来ないという可能性もございます。
また当社へも結婚式間近で自作したけれど式場で再生出来なかったなどのご連絡を頂く事がございまして、映像規格を間違って自作されている場合などもございます。
①と②の場合、映像制作のプロが制作するため、式場で再生出来ないということはないのですが、③の自作の場合には規格間違いによって再生出来ないということも多々ございまして、そういったデメリットもございます。
しかしながら料金は格安となっておりまして、無料の映像ソフトで自作される場合は0円、映像ソフトを購入しても数千円~1万円ほどの格安で制作することが可能となっております。

ちなみに弊社では結婚式ムービー 1本 2,980円~と業界最安値の格安にてご提供させて頂いておりまして、映像ソフトを購入して自作されるよりもお安くご提供させていただいておりますので、もしよろしければご検討頂けますと幸いです。

以上、簡単ですが結婚式ムービーの種類と準備方法、費用について解説させて頂きました。



結婚式ムービーの選定方法


それを踏まえた上で結婚式ムービーの選定方法について説明させて頂きます。
まずは結婚式ムービーにかけられる予算を決めましょう。
もし20万円まで費用をかけられる場合には
①式場へ依頼する
②映像制作会社へ依頼する
③新郎新婦で結婚式ムービーを自作する
上記①~③のどれを選んでもOKです。
しかし予算が2万円しかない場合には、②か③のどちらかになります。

次にスケジュールを確認しましょう。
もし結婚式まで半年以上ある場合には①~③のどれでも大丈夫ですが、もし挙式まで数週間しかない場合には、③は厳しいと思われます。
その場合は短納期でも対応可能な①か②を選択した方がよいのですが、短納期の場合 映像業者によっては特急料金などの追加費用がかかってしまう場合がございますので、注意が必要です。
ちなみに当社では納期に関わらず特急料金などの追加費用は一切頂かず、格安で制作させて頂いております。

最後にご希望のデザインを決めていきましょう。
もしご希望のデザインが自作可能な場合には③でも大丈夫でございますし、また映像制作業者にて気に入ったデザインのムービーがありましたら、映像制作業者に外注してしまうのも手間がかからず、他の準備に注力することが可能です。

上記メリットとデメリットに合わせて、スケジュール、予算を考慮した上で、お二人にあった理想の結婚式ムービーをお選び下さい。



結婚式ムービーのお得情報


また①と②についてですが、安く買う秘訣は早く発注して、かつ 出来る限り1社にまとめて発注することです。
当社でも早割・超早割など、早くご注文を頂きましたお客様には大幅な割引を実施させて頂いております。
また結婚式ムービーを2本ご注文でオープニングムービーを無料でプレゼントさせて頂くなど、まとめてご購入でお得なキャンペーンも実施しております。
さらにプロフィールムービー、エンドロール、レタームービーなど、3本以上まとめてご購入でセット割引の適用など、まとめてご購入頂く事でお得な割引を実施させて頂いております。
もし映像制作業者へ外注する場合には、お安くなる早く、まとめ注文を検討してみて下さい。




格安の結婚式ムービー

オープニング ・プロフィール・エンドロール
業界最安値の格安 2,980にてご提供!
ご不明点はお気軽にお問合せ下さい





【ウェディングコラム】結婚式ムービーの料金はどれぐらい?安い?高い?

結婚式をムービーで 盛り上げてくれる映像演出「結婚式ムービー」
結婚式ムービーは作りたいけど料金が高い…、安くしたいけど自作する方法が分からない、外注したいけどどこに注文すればいいか分からないなど、悩まれている新郎新婦のために、結婚式ムービーの種類や準備方法、料金について解説させて頂きます